ふくろうが鳴く頃に

夜って大好きなんです!なぜだか元気が沸いてきます^^

Archive for 5月, 2014

長期の休みの過ごし方

コメントは受け付けていません。

5月 27th, 2014 Posted 2:12 PM

子供がいると困るのが長期の休み。

やっとこの間、春休みが終わってほっとしているところです。

子供が一日いっぱい家にいて、ゲームやテレビに興じている姿を見つつ
家事や下の子たちのお世話をするというのは、正直ストレスが溜まるものです。

そして暇になって「どっか連れてってよー」という言葉。

どこかに行けるんだったら行ってるよ、と言いたいのをぐっとこらえて
買い物などのちょっとした外出なんかをしてみても、出かけたうちに入らないなんて
毒を吐くこともしばしば出てきて憎たらしいと思いつつ一日を過ごすのです。

お互いがストレスを溜めて生活をするのが長期休みだと思ってしまいます。

父親がサービス業のお宅は特にこう感じる事が多いと思います。

出かけようがない、だって父親は仕事なんですから。

こんな日々をなんとかやり過ごし長期休みが終わるのをひたすら待ちわびるのです。

もっと楽しく過ごせたらこんな風には感じないんでしょうけどね。

出かけようがない、出かけても近所だけ、となってしまうと
なかなかうまくはいかないです。

次の長期休みはなんとか楽しめる方法を考えようと思います。

春の海で

コメントは受け付けていません。

5月 19th, 2014 Posted 10:58 AM

実は高校生の頃、春の海に落ちたことがあります。

しかも夜に。

私の地元は海水浴場がある公園の中に桜の名所があります。

お花見の時期になると、そこにたくさんの屋台が並んで、夜も煌煌と明るくライトアップして夜桜見物が楽しめます。

高校に進学した年、ゴールデンウィークがちょうどお花見の頃でした。

中学の時の友達数人と夜の花見に出かけ、鶏の唐揚げと月見うどんを買って、波止場で並んで食べていたのです。

が、その時、近くでカラオケをしていた花見客の一人が、何故か紙袋を頭にかぶって立ち上がったのです。

その様子にびっくりしてのけぞった瞬間、バランスを崩して私は海に落ちてしまいました。

幸いにして膝くらいまでしか深さの無いところなので良かったのですが、全身ずぶぬれ。
桜の時期はまだ冷え込むため、くしゃみをしながら解散する羽目になりました。

今思い返すと、それも楽しい思い出ですね。

でもまたあの紙袋をかぶった頭を見たら、やっぱりのけぞってしまいそうです。

お酒を飲みたいけれども

コメントは受け付けていません。

5月 10th, 2014 Posted 5:07 PM

私は普段からお酒をやりません。

お酒を飲むと、全身の力が抜けて、ただでさえ常に力が抜けてふやけているのに、
更に無気力になっては、怠けすぎて自分になんだかいらいらしてしまうからです。

それに毎日休み無く車を運転するので、
飲酒運転にならないようにお酒を避けているのも理由のひとつです。

お酒の味もあまり好きではありません。

お酒よりもジュースが好きです。

カシスオレンジを飲んでいても、お酒を飲むというよりも、ジュースを飲むといった感じです。

ジュースよりもぴりっとした刺激を楽しみたい時に飲むのがお酒ですかね。

ハイボールとかいいですよね。

炭酸ジュースなんだけれども、お酒が入っているから刺激になります。

知人達はいつもお酒を飲んでいるのですが、
肝臓が疲れないのだろうか、頭がぼんやりとして嫌にならないのだろうか、と思っています。

常にお酒を飲んでいる人ってアルコール中毒なのでしょうか。

自分は中毒にならずに良かったです。

イチゴ狩り

コメントは受け付けていません。

5月 2nd, 2014 Posted 6:36 PM

先日、家族でイチゴ狩りにいってきました。
子供が産まれてからというもの、我が家では毎年の恒例行事です。

ハウスの中に入ると、真っ赤なイチゴがいっぱい。
時間になると農園のおじさんからイチゴの取り方の説明があるのですが、それまではお預け状態。
目の前にイチゴがあるというのに、子供たちはじっとなんてしてられません。
それを何とか引き止め、いよいよイチゴ狩りのスタート。

みんなお皿に山盛りイチゴを取ってきて「いただきま~す」。
お店で買うイチゴももちろん美味しいけど、自分で取ったイチゴはさらに美味しく感じました。
そして、いっぱい食べて、ちょっと飽きてきたら練乳の登場!「うーん、これも美味しい♪」。

それから何往復したかわかりませんが、とりあえずお腹いっぱいイチゴを食べました。

その後、お昼ご飯食べれるかなぁと心配しましたが、所詮イチゴ…。
ほとんど水分なので、数十分も経てばさっきの満腹感が嘘のよう。
またみんなでお昼ご飯をお腹いっぱい食べました。
(笑)